トップページ > 症状別記事 > 腰痛と心因性は深い関係が

腰痛と心因性は深い関係が

腰痛を抱えている日本人は多くいらっしゃいます。高齢者に多いと思われがちですが、実際はそんなことはありません。若年性での腰痛持ちもたくさんいます。実際に、病気や怪我の自覚症状の有訴者率で、腰痛は一位となっております。また、職場での腰痛も、職業性疾病の6割をも占めております。
ただ、腰痛の原因は85%近くがはっきりしておりません。
それは、肉体的な理由だけではなく、心因性腰痛というものもあるからです。

近年、心因性の腰痛が認められた

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9腰痛は、原因がはっきりしているものと、そうでない非特異的腰痛とで分けられます。
脊椎、神経系、内臓系、血管、など、原因と考えられる肉体的な要因はいくつかあります。
ただ、腰椎椎間板ヘルニアなどはっきりしとした病気から来る腰痛以外は、ほとんどが原因不特定です。

例えば、ぎっくり腰などは、腰椎の捻挫とはされておりますが、レントゲン写真にははっきりと映りません。そのため、おそらくそれが原因であろうということは分かりますが、断定できるものではないのです。
ただ、そんな中、最近になって動きがありました。

それが、「腰痛診療ガイドライン」に、初めて心因性腰痛の存在が認められたのです。
腰痛は、身体的にどこか異常があって起きるものだと考えられていたのですが、実はどこにも異常がなくても起きるものだということが分かってきたのです。
精神的なストレス、あるいは強い不安によって、痛みが生じたり、腰痛の肉体的要因が完治しても、痛みが残ってしまうことがあるというのです。

こんな人は、体の構造の以上の他に心因性を疑おう

とはいえ、自分自身が心に問題を抱えていることにすぐに気付ける人は多くありません。
腰痛が発生しても、気のせいだと思いこんだり、肉体的要因を考えたりするのがほとんどです。
ただ、それでは本当の理由に気付けずに、治療が遅れてしまいます。
そこでこんな人は心因性腰痛を疑ってみましょう。

・レントゲンやMRIを撮っても異常がない
・腰痛を感じるのは、心に何かしら不安やストレスがある時である
・いくらマッサージをしたり安静にしても改善しない

特に、悩みの深さやストレスの強さに比例して、腰痛がひどくなる場合は、いよいよ心因性腰痛の疑いが強くなります。また痛む場所も一定ではなかったり、時間帯も異なるのであれば、もはや肉体的なものではないと断定できるほどです。
まずは患者さんが、心因性でも腰が痛くなることがあると理解しておくだけで、早く本当の原因にたどり着くことができるのです。

改善するためには

心の強い不安やストレスを解消しないことには、腰の痛みがなくなりません。
また長期的に痛みが続くことにより、より精神的に不安定になったり、ひどい場合は鬱病を発症したりします。
よって、自分でできることとしては、少しでも不安を解消していくしかありません。例えば、「コルセットで固定しておけば痛みは治まる」あるいは「痛んでも少し横になって休憩すればよい」と、考え方を変えたりします。

そしてストレスをため込まない、あるいは定期的に解消できる事をするなど、心を安定化させることが、一番の改善方法です。腰の痛みは、いつの時代も人の悩みの種です。それが若者であろうと高齢者であろうと、どんな人にも起こりうる症状です。そして一度腰痛を抱えてしまうと、それが慢性的に続く気がして、気持ちも安定しません。
心因性腰痛は、今では医学的にしっかりと認められております。もし長年腰痛が改善しない人は、自分の心は健康的かどうか、一度考えて観ましょう。

お問い合わせはこちら
地図