仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

院長ブログ

「腰痛としびれ、日常生活での腰痛予防方法」

日本人は90%の人が一生に一度は、腰の痛みを経験すると言われています。これは他国の人に比べて、非常に高い割合なのだそうです。

その理由は遺伝的な側面から見ても行動的な側面から見てもお尻の筋肉が発達していないからです。この夏、オリンピックを見ていて、足腰を使う競技は外国人の方が有利だな〜と感じた方がいらっしゃるで
しょう。これは遺伝的な側面が大きく影響しています。

 

 

また、日本人の仕事っぷりは諸外国と比べてワーカホリック気味です。長時間労働でお尻や腰を酷使することで、腰痛の発症率を高めていることが行動的側面から見た一因です。

腰痛を感じる多くの病気はしびれを伴うことが多くあります。
しびれを伴う腰の病気には腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症腰椎すべり症などがあります。
しかし腰痛は内臓の位置や状態、ストレスさえも関係が深い病気。
そのため、原因がたくさん考えられ、なんと85%の人は原因不明なんだそうです。

しびれを伴う腰痛の対処法とは?

しびれの感覚が、痛みとは違うことは皆さんご存じですが、そもそもしびれとは一体どのような感覚を示すのでしょうか。
一般的なしびれの感覚は、正座をした後に感じるビリビリとした感じです。
他に麻痺したような感覚、熱を持ったような感覚、冷えきってしまったような感覚がすることがあります。
しびれの原因は血流が滞り、神経に障害が起こっているため、感覚にも違和感を受けることです。

では、しびれを伴う腰痛を感じた場合、また対策のためにはどのようなことが出来るでしょうか。

例えば歩き方を気をつけてみるのはいかがでしょうか?
腰痛の原因のひとつに身体のバランスが崩れていることが考えられます。

腰部脊柱管狭窄症と名前がついた病気でさえ、身体のバランスの乱れが元になっていることがあるぐらい、腰痛に深く関わっているのです。
姿勢の改善や歩き方の是正は腰痛にとって非常に良い影響を及ぼします。
正しい歩き方は全身にチェックポイントがあります。

まず、背筋が美しく伸びていることに気を配らなければいけません。
顔を正面に向けて、顎を引きます。身体が頭部からくるぶしまで、見えない糸に引っ張られていて一直線になるようなイメージを持ってください。

ハイヒールを履いた女性を見て、膝が曲がっているなと感じたことがあると思います。
膝も正しい歩き方の重要なポイントです。着地している側の足の膝が伸びていなければいけません。
歩く時に曲がる癖がつくと、歩行時以外にも膝を伸ばすのが辛くなってしまいます。

そして大切な腰の使い方です。歩く際には手を軽く振り、骨盤から前に出すように、骨盤の上に上半身が乗るように心がけてください。骨盤は腰痛改善のためにとても重要な箇所です。
足の裏の着地の仕方も意識します。かかとから着地し、足の裏全体で体重を受け止め、つま先から地面を離れる、スリーステップです。特にハイヒールを履いた女性はこのステップが乱れがちです。ハイヒールが腰痛を引き起こすことに大きく影響しています。

正しい歩き方を身につけるとダイエットにとても良いです。肥満も腰痛の元になります。お腹が出ているとその分、本来の場所から重心がずれます。
身体が重力に対してバランスを取ろうとして、腰への負担が大きくなります。身体のバランスが崩れるとさらに太りやすくなり、体重が増加、また重心がずれると悪循環に陥ります。正しい歩き方や姿勢、呼吸法は身体のバランスを整え、太りにくい体質へと導きます。

一説によるとお尻の穴に力を入れ、体幹を意識しているだけでダイエットにつながるそうです。
日常生活で「ちょっと」頑張ることで、スタイルと健康、ふたつとも手に入れることが出来るかもしれませんね。

腰痛でお悩みの方は是非
ゆたかな森治療院へお越しください。
来院したお客様の喜びの声はこちらです→

一覧ページへ

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る