仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

院長ブログ

あなたの頭痛が起きる本当の原因はどこ??

仙台市泉区、富谷市の腰痛、ヘルニア専門治療のゆたかな森治療院です。

少しずつ暖かい日が多くなってきましたね。

今シーズン、雪の多かった冬が終わり、春に変わろうとしてますね。

季節の変わり目となると気温差などで体調を崩す方も多いですが

皆さんは大丈夫ですか?

気功の変化で体調を崩さないように普段から体調管理には気をつけていきましょう。

 

今回はそんな季節の変わり目に起きやすい体調不良の一つとして

「頭痛」とその原因についてお話ししていきたいと思います。

 

頭痛を普段から感じる方は結構いらっしゃいます。

他人から見れば何ともなさそうに見えますが、

実際痛みが強くなると吐き気を伴ったり

横になって休んでいても酷く、頭痛薬を常備している人も多いですね。

頭痛も幾つかの種類に分類され、血管の異常拡張や血液循環の不良、

他にもホルモンの影響から出る頭痛もあります。

細やかな分類は沢山ありますが、今回は特徴的なものを取り上げていきたいと思います。

 

首と頭

取り分け多いのが、頭痛だけでなく

肩こりや首痛が伴っている状態ではないでしょうか。

 

特に今はスマートフォンやタブレットの普及で

下を向いて作業をする時間が格段に多くなっています。

ではなぜ下を向いていると首が辛くなったり、

頭痛が起きてしまうのでしょうか。

 

 

人の頭の重さは個人差はあれど

成人で約5kgと言われています。

 

つまり5kgの重りを首の関節と筋肉だけで支えている状態でしかないんです。

 

下を向いている時の動作は

5kgの重りを釣り竿の先につけて

釣り竿がしなっているのと変わりないんです。

 

5kgの重さですから、ボーリングの球を吊っているのと

変わりないですね。

 

ストレートネックと頭痛

 

そんな日常生活を繰り返し、この状態が続くと

本来頸椎が持っている生理的なカーブが崩れてしまいます。

 

普段首から腰まで背骨は前後にカーブしています。

首は前方、顎に向かってカーブしていますが

下を向く動作が多かったり、枕の高さや位置がずれていると

前方へのカーブが失われ、頸椎が真っ直ぐになってしまいます。

この状態が通常ストレートネックといわれる状態です。

 

このストレートネックは首の筋肉にかなり負担をかけてしまいます。

首の筋肉の緊張、硬さが強くなると、

首周辺の血液の流れが悪くなっていき、結果的に頭へ流れるはずの

血液量も減ってしまうんですね。

 

首から頭にかけての血液循環の減少や

それを補おうと頭の血管が過剰に働こうとすると

頭痛を起こしやすい環境を作ってしまいます。

 

 

ただ頭や首の角度や位置だけ気をつけていても、

頭痛が治ったり良くなるわけではありません。

 

首を含めた背骨は頸椎から腰まで、関節で繋がって連動しているので

ストレートネックも首の筋肉の緊張も

そこだけが問題になっているわけではないのです。

 

首のカーブの形状が変われば

腰や背中の状態も変わりますし

 

骨盤や腰の角度が変われば

首の角度も変わります。

 

いつも頭痛がひどく、肩こりもひどいという方は

首や背中だけしか気にしていませんか??

 

人の体はとても繊細で

色んな所で繋がり、連動して動いています。

 

これまで治らなかったあなたの頭痛や首、肩こりも

もっと違う所に原因があるかもしれませんよ。

 

気になった方はいつでも当院へご相談ください!!

もし質問や相談などありましたらお気軽にお問い合わせください。

仙台市泉区市名坂字山岸51−5

腰痛・ヘルニア、膝の痛み専門治療院

体のお悩みは ゆたかな森治療院へ

☎︎022−342−9755

【前の記事】 

【次の記事】 

一覧ページへ

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る