仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

院長ブログ

腰痛やヘルニアの原因になりうる構造のお話し(4) 捻れの問題

仙台市泉区、富谷市の腰痛ヘルニア治療のゆたかな森治療院です。

最近では徐々に緑だった葉が色が変わり始めている所もありますね。

あと少しで綺麗な紅葉を楽しめそうですね。

 

さてこれまで身体の構造を左右前後の二つに分けてお話をしてきましたが

前回の最後に触れたように前後左右の問題だけでなく

身体にはもう一つ「捻れ」という歪みのパターンが存在します。

これは背骨だけでなく、骨盤そのものが回転を起こしてしまっている状態です。

この「捻れ」のパターンも当たり前にしている姿勢の中に潜んでいます。

 

 

例えば

・食事をしながらテレビを見ようと身体を捻っている。

・パソコンと資料を並べて置いてどちらにも正対していない。

こういった生活は身体に「捻れ」を引き起こす原因となってしまいます。

家の自分の座る席って案外決まっていて、さらに家具の配置も決まっています。

そのなかでテレビを見たり、会話をしたりしている時に一方方向に向いたままの状態になっている事ってありませんか?

また、デスクワークをしていて前述した資料を机の上においてパソコンのキーボードをその隣に置き作業する

パソコンを二台つかっていて作業する。 机の足元に鞄、箱がありよけながら作業するなどなど

これらの行動は身体の捻れを起こす原因になっています。

今挙げた動作は無意識で行っていることが多く、自覚がなくやられていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

普段気にせず生活の中で行ってしまう問題を解消するためには、

自分自身で意識し

気付いたらすぐにやめるようにして 

パートナー、同僚に注意してもらう

こういった積み重ねがとても大事になってくるんですね。

 

ぜひ思い当たることがある方は実践してみてくださいね!

お悩みの症状の改善に役立ちますよ!

一覧ページへ

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る