仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

院長ブログ

腰痛やヘルニアの原因になっているかもしれない行動 その4

仙台市泉区、富谷市のヘルニア・腰痛専門治療院のゆたかな森治療院です。

11月中から関東で雪が降りましたね!

仙台の中心部が積雪するのも近いかもしれません。

冬本番ですから皆さん防寒対策は万全にしましょう!

 

前回「安静にしていても痛みが変わらない方へ」と題し、お話をさせて頂きましたが、

今回も何人かの患者様から伺った事例をもとにお話ししていきたいと思います。

ソファーの上で身体に痛みの原因を作る

今回はソファーでうたた寝or昼寝についてお話ししていきたいと思います。

ソファーで横になって~というのは「腰痛やヘルニアの原因になりうる構造のお話し」で

左右の歪みを作ってしまうとお話ししましたね。

ソファーの上で横向きでなく真っ直ぐ寝ていてもそれは同じことです。

そもそもソファーは寝るための家具ではないですから、

クッション等で枕を作って仰向けになっていても

身体の重みでソファーが沈んでしまうので結果身体に歪みを作ってしまいます。

 

患者様の中には「疲れてソファーに座ると気付いたらそのまま寝落ちてしまう」や

「ちょっとした昼寝をするのはソファーで」という方がいらっしゃいますが、

横向きや身体を捻っていなくともソファーで寝ころぶこと自体歪みを作る原因となってしまいます。

 

 

 

寝るときは布団やベッドなど、寝るべき場所で寝るようにしましょう。

疲れた時にソファーで朝まで過ごしても逆に疲れが残りやすくなってしまいます。

少し疲れたな、休憩しようかなというときは最初からベッドに横になって下さい!

その方がしっかり疲れも取れると思いますよ!

一覧ページへ

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る