仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

初めての方へ

院長あいさつ

小森豊

はじめまして!院長の小森豊と申します。
私の生まれは長野県長野市で昭和54年8月6日に生まれました。
男三人兄弟の長男で小さいころはいつも兄弟げんかをしていてやんちゃな子供でした。
子供のころから運動が好きで水泳や少年野球、柔道をしていて小学校の頃は少年野球と柔道の試合を同じ日にしたこともありました。
中学に進学した際に自分の行った中学校には野球部やサッカー部などがなく、今までやっていた柔道部に誘われたこともあり入部し、中学校では全国大会こそ行けませんでしたが、県大会ではそこそこの成績が取れ北信越大会にも進出でき、その成績が認められ高校にはスポーツ推薦で入学しさらに上をめざし柔道を頑張っていました。

高校1年生までは大きなケガがなかったのですが、高校2年生の時に足を疲労骨折したり肩を亜脱臼したりとケガが続き地元の整骨院にお世話になりました。
新人戦では団体戦、個人戦と県大会でいい成績が取れ3年生の最後の大会では全国大会をめざしすごく気持ちが入っていました。
そしてその地区予選の初戦、自分は膝の靭帯を切る大ケガをしました。痛みながらも試合をしましたが足がいう事を聞かず棄権負けし自分の高校の部活はあっという間に終わってしまいました。
あの時の悔しさは本当につらかったのを覚えています。

それから部活を引退し進路を考えていた際、私が小さい時から大のおばあちゃん子でおばあちゃんの家に遊びに行った時によく肩がこっていたので小さいなりにマッサージをしてあげた時におばあちゃんがすごく喜んでくれたのがとてもうれしくて今もマッサージをしてあげていたことと、私が部活でケガをした際に処置してくれた接骨院の先生にあこがれていたことがきっかけでこの治療家としての仕事をするようになりました。

現在の施術との出会い

資格を取り仙台の接骨院で10年間勤務し、開業を考えていたころに東日本大震災が起きました。
あの時は蛇口を捻っても水が出ない、スイッチを入れても電気がつかない、ガソリンスタンドは長蛇の列、今まで普通と思って生活していた事が出来なくなり、よく行っていた場所が津波でなくなってしまって、当たり前に出来ていた事していたことが出来る有難さや生きている事の有難さを痛感しました。

それから約半年後に勤めていた接骨院を退職し仙台市泉区にちいさな森整骨院を開業しました。

開業後、患者様を施術していくうえで深い悩みの症状に対して思うような結果が出せず様々なセミナーに行き勉強したのですがなかなか衝撃を受けるセミナーに出逢えず半年ほどさまざまなセミナーを受け続けたある日、治療家人生を変える先生と出会うことが出来ました。
その先生は、肩が痛いから肩、腰が痛いから腰を診るのではなくその人が何を考え、どういう生活をしてきたかからはじまりその患者さんの生きてきた人生そのものに着目して施術をしていく先生で悩みの深い患者さんにもしっかりと結果をだしスーパーマンのような先生でした。
またその人柄、姿勢にあこがれ以来、現在も毎月東京に通って指導をうけております。
その先生が常に患者さんに伝えていることは「患者さんの痛みはその人の人生そのもの」とおっしゃっています。

ひとりひとり生活は違います。食べるもの、仕事、趣味、生活環境、、、あげればきりがありませんが、痛みや症状はその患者さんが生活していく中でしか原因はありません。
いくら上辺だけ施術したとしても痛みを起こしてきた生活、思考、食生活をしていたらまた痛みや症状が出てくるのは当然だと思います。
ですのでこのホームページ、当院を知っていただいた、何かの縁を頂いた方にはこの原理原則を知っていただきたいと思います。
そしてずっと悩まれてきた方の力になり笑顔を取り戻し幸せな生活を送って頂きたいと思います。

スタッフあいさつ

スタッフ

治療スタッフの竹澤和志と申します。
私は1988年2月26日に青森県十和田市で生まれました。
家族は両親、姉二人、現在は妻と二人で暮らしています。
父親が転勤族だったので私が生後数か月の時には仙台に引っ越していました。
その後小学校一年生の時に、のちに「あまちゃん」で有名となった岩手県久慈市へ引っ越し、三年生でまた仙台へ戻ってきました。

仙台に戻ってすぐに少年野球を始めましたが、足の骨折や捻挫、肘を痛めるなど試合に出れない、大好きな野球も出来ないといった日々を経験しました。

そんな時にお世話になった整骨院の先生が、とても親身になって話を聞いてくれました。痛みがあるという不安を一緒に解消してくださり、とても安心したことを覚えています。
その先生から「ケガをした人の気持ちは、ケガをしたことがある人じゃないと分からないんだよ」と話していただき、この業界に入りたいと思うきっかけになりました。

患者様が抱えているお悩みや症状を、根本から治療するために、「痛みがあるところをマッサージする」「痛みがあるのに無理矢理動かす」のではなく、なぜそこに症状が出ているのかを明らかにし、症状を作り出す原因をしっかり治療していきます。
患者様からは今まで色々接骨院や整形外科、病院に行ったけどこんな治療は初めて受けた。
そしてここまで変わるんだねと言って頂けることがすごくやりがいを感じます。

患者様が悩んでいらっしゃる症状の為に我慢をしなければいけない、やりたいことがやれない、そんな状況を患者様と一緒に変えていくために一生懸命治療させて頂きます。よろしくお願いします。

当院の治療方法

当院では、症状に対処する対処法をメインとしているわけではありません。
根本の部分を整えて、その人が治りやすい・回復しやすい身体に持っていくことをメインとしています。
もちろん、症状はお聞きしますし、治療前・治療後での症状の変化もお聞きします。
ただ、一番はやはりその人の身体全体を整えることと考えています。

たとえば、多くの治療院では「○○が痛い」と訴えがあれば、○○を中心に診ていきます。これは病院でも同じことです。
そして、そこにマッサージをしたり電気をかけたりします。病院ではその症状に対して薬を処方するのも同じことです。

つまり、対処療法となっています。
ただここで知っておいてほしい事実があります。
「症状と原因は違う」ということです。

たとえば、わかりやすいところで『肩こり』を例に挙げてみます。
通常は肩が凝ると言われれば、ほとんどの治療院では肩の筋肉が緊張して硬くなっているんだな、だからそこをほぐせばいいんだな、と考えて、肩をマッサージしたり揉んだりします。
でも、ここで考えてほしいことがあります。

どうして肩が凝るんだろう?

どうして肩の筋肉が緊張するのだろう?

それが肩こりの原因ですよね。
そう、肩をほぐそうと一生懸命に肩をマッサージしても、原因が何も変化していなければ、あまり効果がありません。
やってもらっているときは気持ちがいいのですが、やり終わるとすぐに戻ってしまいます。
肩こりの原因を少しあげてみると、

  • 肩・腕の使い過ぎ
  • 悪い姿勢
  • 目の疲れ
  • 頚椎(首の骨)の歪み
  • 骨盤の歪み
  • 足首の歪み
  • 胃腸の疲れ
  • 頭蓋骨の歪み
  • 循環器系の負担
  • 恥骨の歪み
  • 呼吸器系の負担

など、いろいろなものがあります。
それを考えないで、一生懸命筋肉だけを揉んでもあまり効果がありません。
理由は「肩の筋肉の緊張を作っている問題に対しては何もされていないから」です。

筋肉疲労のための肩こりなら、マッサージで少し楽になると思いますが、身体の歪みからきたり、他の要因が大きければ、あまり回復はされません。

ですので、当院では、肩こりであろうと、腰痛であろうと、パーキンソン病であろうと、難病であろうと、
身体のどこが歪んでいるのかな?
身体のどこに負担がかかって症状が出ているのかな?
と言ったことをきちんと明確にしていきます。
体の歪みっていろいろな治療院でも謳われていますが、歪みって気を付けなくてはいけないんです。
まず体の歪みが起きると骨の周囲にくっついている筋肉が引っ張られ、緊張を起こします。
内臓であれば歪みが出来る事、または歪みを起こす姿勢をとることで骨盤に収まっている、肋骨の中に守られている臓器に負担をかけてしまいます。
負担が掛かれば当然機能は低下します。
機能が低下すればホルモン分泌だったり、代謝だったり、抵抗力も弱まってしまうと思います。
歪みから出発して様々な症状だったり、障害、病気にもつながりかねません。
ですのでたかが歪みとは思わずお悩みの症状を抱えている方は今一度自分の生活を考え、見直してみてください。

歪みをどのように明確にしていくかと言いますと、人には反射という制御できない運動があります。
それを使ってみていきます。
そのテストがO-リング検査や、キネシオロジーテストで診ていきます。
主に患者さんの左手を使っていきます。
これはどこに筋肉でも出来るのですが、私がやりやすいのが左手というだけです。
患者さんが病気などで力を入れることができないときは、付添いの人の手を借りたり、私自信の反射を利用して診ていきます。
そこで調べて出てきた歪みを整えていくことになります。

先述した捕捉になりますが、人間の身体で非常に大切になるのが、中心軸です。
立っていても座っていても、この中心軸が歪んだり傾いていると脳にダメージが与えられます。他の中心から遠くお筋肉にも悪影響が及びます。
中心軸はたとえば、地球上(地面)に立った時をイメージしていただけたらわかると思いますが、両脚・骨盤・背骨・脳と言ったところを通る軸のことです。
これがきちんとしていれば、健康、または病的に傾いたとしても健康を回復する力が発揮されやすい状態です。
しかし、中心軸が整っていなければ、肩こりや腰痛はもちろん、内臓や中枢系(脳や脊髄)の不具合、そして抹消系(脳神経や脊髄神経)の不具合なども起きやすくなります。

当院では、中心軸(歪み)と内臓、エネルギーに着目して、施術を行っていきます。

具体的には、身体の歪みを明確にした後に、必要に応じて…
・骨盤・背骨・頚椎系を整える(子供からご高齢の方まで受けれる)
・足首・足の骨・手の骨・頭蓋骨を整える(ちょっと刺激するだけ)
・頭蓋骨の調整(非常にソフト)
・内臓へのエネルギー治療(非常にソフト)

となっています。
揉みほぐしやマッサージ、ボキバキするような矯正はしていません。
マッサージをしても身体が整うわけではなく、ボキバキしなくても身体を矯正することはできますので。
とてもソフトな刺激なので、施術中に寝てしまう方もいるくらいですので安心してお受けください。

施術の流れ

受付

受付

完全予約制になっておりますのでまずはお電話でお問い合わせください。
患者さまの現在の身体の状況、痛みの経緯などお聞きし、御予約を受け付けいたします。その他、質問や問い合わせなどお気軽にしてください。

↓
問診

問診

お客様のお悩みの症状が出てきた経緯や、普段の生活状況(仕事や趣味、運動、食生活、普段の過ごし方など)をお聞きし、お客様が何をしている時に困っているか?この症状で不安に思っていることは何か?を明確にし、お悩みの症状、痛みのせいでお客様がやりたいけど諦めていたこと、やりたかったことを共有し治療プランを提案いたします。

↓
検査

検査

患者さまの身体の関節の可動域(動く範囲)や筋肉の緊張状況、Oーリングテストやキネシオロジーテスト(筋力テスト)で患者さまの身体の問題となっている箇所や治療ポイントを見つけ出していきます。

↓
施術

施術

グイグイマッサージをしたり、バキバキと体を強く捻って矯正したりせずに、必要なポイントに弱い刺激を入れて身体の歪みや緊張を解放していきます。
精神状態の問題(人間関係のストレスや悩み、怒り、悲しみ、不安など)やエネルギー問題に対するアプローチなどにはフラワーエッセンスやエネルギー治療を行っていきます。

↓
施術後の説明

施術後の説明

今現在のお客様の身体の状況の説明や今回の治療で行った治療や意味の説明、今後生活をしていく上で気をつけるポイントや改善していくポイントをアドバイスさせていただきます。

↓
説明(次回の治療日の相談)

説明(次回の治療日の相談)

お客様の症状や身体の状態から、お悩みの状態を改善するための次回の治療までの過ごし方や次回の来院日などお話をいたします。

院内紹介

ゆたかな森治療院へようこそ
ゆたかな森治療院へようこそ
待合室です
待合室です
木の温もりを感じれる施術室
木の温もりを感じれる施術室
トリニティメソッド資格取得
トリニティメソッド資格取得
フラワーエッセンスあります
フラワーエッセンスあります
多数のお客様の声
多数のお客様の声
おしゃれなオブジェ
おしゃれなオブジェ
着替えルーム完備
着替えルーム完備
お待ちしております
お待ちしております

院内をパノラマビューでご覧いただけます

お試しキャンペーン

↓

ご予約はこちら0223429755

診療時間

所在地:〒981-3117宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5ブラウニー市名坂102

電話番号:022-342-9755

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る