トップページ > 症状別記事 > 腰痛の大半が原因不明である

腰痛の大半が原因不明である

年齢を重ねるたびに、腰が痛くなっていってしまうものです。立っている時に辛いのはもちろんですが、酷い場合座っていることもできず、寝ている状態でなければ耐えられない場合もあります。
腰痛は誰にでも訪れるものであり、珍しいものではありません。にもかかわらず、実は腰痛の大半が原因不明といわれていることをご存知でしょうか。実に、85%近くが原因不明とされているのです。

85%近くが原因不明な理由

%e8%85%b0%e7%97%9b07_01はっきりと症状に表れていて、しかも別に珍しい症状でもない、にもかかわらず腰痛の原因が分からないのは一体なぜなのでしょうか。これは、写真に写らないところで何かが起きているからに他なりません。

腰が痛いということで病院で診察をする場合、まず行うことは写真を撮ることです。レントゲンであったり、MRIがその代表です。なぜ写真を撮影するのか、それは医者が病菌の識別をするためです。患者さんから症状を聞き、まず考えられる症状を浮かべます。そのどれに該当するのかを判断するための材料として、レントゲン・MRIがあるのです。

腰痛と聞いて頭に浮かぶ症状はいくつかあります。尿路結石、膵臓炎といった内臓系の病気、血管の病気や背骨の病気などさまざまです。他にも椎間板ヘルニアなどの整形外科的な疾患も可能性として挙げられます。
患者の立場から見ると、医者は写真を見れば悪いところを見つけ、病気を判断することができると思いがちです。でも実際はそうではなく、あくまで重篤で思い疾患を排除するためにレントゲンを見るのです。重篤な疾患とは、がんを代表とする命に関わる病気であったり、早急な治療が必要な危険な骨折です。それらを排除した後は、腰の痛みの原因を探っていくのですが、実際に目に見える部分に異常は見当たらないケースが多いのです。
その理由が、腰の痛みの大半が、腰の捻挫です。ぎっくり腰がその代表的なものなのですが、捻挫は間接に無理な力がかかってしまって起きるものです。腰の可動域を超える動きをしたり、靭帯が伸びて内出血や炎症が起きることがあります。でも靭帯が切れたわけでないですし、関節がずれたわけでもないので、写真では以上が写りません。だから、原因は推測できるものの、断定することができないのです。これが腰痛の85%近くが原因不明だといわれる理由なんです。

腰痛の8割は精神からくるもの

%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a9腰痛の原因が85%も分からないのは、その理由の一つに心因性が原因であると考えられているからです。心因性、つまりストレスが原因で腰が痛くなってしまうのです。仕事やプライベートで精神的に大きな負担を抱え、それが腰痛に繋がっていることがあるのです。
腰にも神経や血管が当然あります。精神状態が悪いと、神経系が乱れたり、血液の流れが悪くなることがあります。それが理由で、腰に何かしらの異常をきたしていることがあるのです。

現代社会では様々なストレスをうけながら生活をしています。インターネットやSNSなど昔ではなかった相手の声も顔もわからない人とつながったり、交流ができるのは魅力もある反面、それによりストレスをうけてしまう原因のひとつにもなってしまうツールになってしまいます。

腰痛は誰でも辛いものです。年齢を重ねるにつれてなりやすくなるものですが、若い人であっても、腰痛を抱えている人は多くいらっしゃいます。原因が分からないことが多く、治療も長引きやすいため、心の面をリフレッシュできるような機会を作り、生活を送ってみてはいかがでしょうか。

リラックスさせる、発散する手段の一つとして音楽や笑い、アロマや温泉、アクティブにスポーツなど自分に合ったものを取り入れてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら
地図