ゆたかな森治療院に寄せられたお客さまの声

ここに通うようになり、痛みが軽減してきました!

R.S様(36歳男性)
 
R.S IMG_4108

昔からヘルニアで腰の痛みがひどく、夜とか寝れない日が続いたり仕事が出来なかったりしていましたが、先生のところに治療をしに来てから痛みがなくなり、夜もしっかり寝れたりととても良くなりました。
とても感謝しています。

※施術効果には個人差があります

 

 

数回の通院で痛みがほぼ消え、仕事をこなせるようになりました!

Y.Y様(47歳 男性)
 
Y.Y様写真

交通事故と昔からの痛みが重く耐えられなくなり、近所の病院に行くようになり試しに3ヶ月ほど通いました。しかし全然良くならずたどり着いたのがゆたかな森治療院(ちいさな森整骨院)でした。数回の通院で痛みはほぼ消えてしまい、今では仕事もこなしています。感謝しています。本当にありがとうございました。

※施術効果には個人差があります

 

病院よりも効果を感じることができました!

R.T様(26歳女性)
 

病院へ行って注射を打ってもらったりしましたが良くならず、こちらに来院して本当の原因を探してもらい、その原因を治療してもらう事で、病院よりも効果を感じる事が出来ました。

※施術効果には個人差があります

 

じっくり話を聞いて下さるので心が安らぎます。

E.I様(71歳女性)
症状:
 

以前、他の整骨院に週3日程通院し、指圧、鍼治療を受けておりましたが、なかなか良くならない状態の時にゆたかな森治療院(ちいさな森整骨院)を紹介されました。こちらで、トリニティメソッド治療をしていただいてから、以前より体が動くようになり、(家事をはじめ庭仕事…etc)かえって動き疲れが出る位です。
先生は、患者の話をじっくり聞いて、治療をして下さいますので、とても心が安らぎます。

※施術効果には個人差があります


あなたもこんなお悩みはありませんか?

  • 腰が痛くて家事も辛い…「腰痛」
  • 肩が痛くて上げられない…「肩こり」
  • 気づけば頭痛まで併発…「眼精疲労」

泉区・富谷市・宮城野区・青葉区・黒川郡の皆様、 こんなお悩みがあれば私たちにご相談ください。
特に上半身にあらわれる症状腰のヘルニア、座骨神経痛、脊柱管狭窄症、首のむちうち、腕のしびれ等をお持ちの方は電話だけでも相談してください。
お力になれることが必ずあります。6つの特徴

バキバキしないソフトな施術 ボキボキしないソフトなタッチ

当院は全国でも有数の院でしか使われていない整体法を採用しております。
グイグイもバキバキもしないソフトな施術ですので、気持ちよくて寝てしまう方も多数いるほどです。

その場しのぎではなく根本改善 ボキボキしないソフトなタッチ

よくある整体院や保険診療の整骨院(以前の私もそうでした)では、痛みを改善することはあっても痛みのない体をつくる事はできませんでした。
当整体院の技術であれば痛みを解消するだけでなく、いい状態を保つまでを叶えます。

明確なビフォーアフター体験 ボキボキしないソフトなタッチ

施術前のカウンセリングで現状を確認するだけでなく、実際にどこの筋肉が固くなっている、可動範囲が狭くなっているなどを確認します。

施術後はそれがどう変わったかを一緒に確認していくので、良くなった気がするというアバウトな感覚ではなく、体験を得られます。

流れ作業ではなくコミュニケーション ボキボキしないソフトなタッチ

以前行っていた保険治療では法律で決められた通りの不自由な施術プログラムでした。

いまは自費で施術させて頂くことにより、痛みや辛さの具合など症状をより深いコミュニケーションができ、オーダーメイドのような施術を提供することが出来ています。

木のぬくもりを感じる癒し空間 ボキボキしないソフトなタッチ

ゆたかな森整体院は名前の通りのイメージを作っています。
木材をつかった自然を感じる床、明るくスッキリとした壁、元気で大きな観葉植物、BGMの音響にもこだわりを持っています。
いかにリラックスして頂けるかを重要視しています。

効果を上げるフラワーエッセンス ボキボキしないソフトなタッチ

1930年代から医療の分野でも使われた、花のエッセンスを使っています。
ショックやトラウマから生じた心のバランスの乱れを調整して、癒してくれるとされ世界中で愛用されています。

当院はこの要素を整体に取り入れ、より早く良くなって頂けるようにしています。

 

推薦の声

坂口治療室 院長 坂口廣純様より

はじめまして。坂口治療室の坂口廣純です。

小森先生は一緒に治療技術や治療の可能性を研鑽し合う素晴らしい先生です。

お付き合いはまだ4年ほどですが、何十年も付き合っているかのような、そんな錯覚を抱く大事な仲間でもあります。 小森先生は、患者さんのためとなると、ものすごい行動力を発揮します。

私の治療法を学びに来る時も、初めて会って初めて見た治療にもかかわらず、その場で1年間学びに来ることを決断し、それから毎月2~3回東京の勉強会に出席されていた姿がとても印象的でした。 小森先生の治療に対するのまっすぐさ、ひたむきさにはこちらが学ぶことも多いほどです。

今では仙台の勉強会も牽引し、治療法の講師としても活躍していただいて地元の先生の技術発展に貢献していただいています。

そんな治療の技術もさることながら、私が小森先生の一番輝いているなと思う点は 『患者さんを一番に考え、そのためになら勉強も努力も妥協しない情熱』 です。

彼になら、皆様のお体の健康と大切な時間を預ける価値があると私は断言できます。
今までたくさん悩み苦しんできた方こそ、小森先生のような真摯な姿勢で患者さんと向き合い、自己の研鑽を怠ることのないプロフェッショナルの先生の治療を受けるべきだと思います。

私が彼を推薦する情熱が皆様に少しでも伝わればと思いました。
貴重な時間をお付き合いいただきありがとうございます。

坂口トリニティーメソッド 主宰
坂口治療室 院長  坂口 廣純

わたなべ治療院 院長 渡邉 剛哉様より

はじめまして。
わたなべ治療室の渡邉剛哉です。

私自身、平成元年に国家資格を取得してから治療業界に携わって来ました。
その中で数々の治療法の勉強会やセミナーに参加させていただき、
たくさんの治療家と交流をさせていただいています。

しかしながら自分が診ていただきたい、あるいは自信を持ってご紹介が出来る先生となると残念ながらなかなかいらっしゃらないというのが本音です。

その数少ない先生の中に小森先生がいらっしゃいます。
治療技術は当然のことながら、その人柄の良さや患者さんに対する熱い情熱を持った数少ない先生のひとりです。
ひとりひとりと向き合い患者さんの人生をより良いものに変えてくれる先生です。

地域で困っていらっしゃるのならば迷わず来院されることをおすすめします。

わたなべ治療室 渡邉 剛哉

結果に自身がある3つの理由

20院しか使えない技術 ボキボキしないソフトなタッチ

その場しのぎの解決ではなく、身体の構造・栄養・心の3つに着目し、あなたが日常生活で作りだした本当の原因を調べ、最小限の刺激で済む施術法です。

これは全国に整体院は90,000件以上ありますが、その中でも20院ほどしか使えない技術です。

アフターフォローまで徹底 ボキボキしないソフトなタッチ

効果の高い施術には必ずアフターフォローが必要です。
例えばストレッチの方法や施術後の注意点、養生法などをお教えします。

口だけだと忘れがちになりますが、施術後にプリントでお渡ししますし、待合室にもご用意してありますので、ご安心ください。
また、月に1回『健康通信』を発行して日々情報を発信し続けています。

成長のための徹底した研修 ボキボキしないソフトなタッチ

技術の研鑽は日々行っていますが、やはりお客様の施術だけでは偏りや個人のクセが出てしまうことはプロの私達でもよくあります。
それを限りなくゼロにするために月に数回、東京の技術研修に参加しています。

それだけだと他の院でも院長レベルならありますが、当院では技術研修に加え、カウンセリング、コミュニケーションなど研修会をおこなっています。

 

ゆたかな森整体院(ちいさな森整骨院)はこんな院

院長

ゆたかな森治療院(ちいさな森整骨院)院長の小森豊です。
過去の私は(多くの整体院や整骨院も同様に)、保険治療の適用範囲でしか施術をできず「再発してしまうだろうな…」「本当はもっとできる事があるのに…」という治療家としての不満を抱えていました。
ですが今、保険治療でなく自費を提供するようになってからは、ですから何件もの整体院・整骨院・鍼灸院をめぐっても一向に良くならなかった症状でも、病院で手術や投薬が必要と言われた症状でも、私たちは症状の根の深さを追いかけるのではなく、根の元を見つけて断ち切るようなイメージの施術を提供しています。

今の症状が治るのか治らないのかはご自身では判断が難しいことだと思います。 ですから、まずは遠慮せずに一回相談をください。
相談してみて、来るか来ないかを判断してもらっても大丈夫です。 私は健康のプロとして、あなたに負けないくらいにあなたの症状をよくしたいと思っています。

「先生に人生変えてもらった」
「すいすい歩けるようになったよ」
「諦めてた趣味ができるようになったよ」
「紅葉ツアー、階段たくさんあったけど大丈夫だった」

と写メを見せて頂いたり、お土産を頂いたり、 そういった瞬間をあなたから頂けるように頑張りたいと思います。

院長 小森豊

HP限定特典(お電話で「HP限定特典は大丈夫ですか?とお尋ねください」)

お問い合わせはこちら
地図