仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

院長ブログ

腰痛と加齢は本当に関係があるのか

「腰が痛いのは歳をとったせいかもしれない。」
こんな風に考えてしまうことはないでしょうか。確かに年齢を重ねると共に、体の至るところに不調をきたすようになります。腰だけではなく、首や肩、膝や足など、何かしらの痛みを抱えている人も多いでしょう。
でも、腰痛の全てが加齢と関係があるわけではありません。むしろそれ以外の原因の方が多いのです。

加齢ではなく体の使い方が原因

加齢による腰痛とは、具体的にどういったものなのでしょうか。
それは、高齢の方には、骨粗しょう症になりやすくなり、それが原因で圧迫骨折を起こしやすくなります。また、歳を重ねると、筋力が低下したり、関節が硬くなってしまいます。筋力が落ちることで、骨盤の支えが弱くなり水平に保てなくなります。また、関節が曲がるということは、腰が曲がりやすくなります。それが原因で腰の痛みが生じることもあるのです。
ただ、それ以外を除けば、加齢が腰の痛みの原因になることはないのです。実際に、腰痛が発生する年齢は30代から40代がピークといわれており、50代以降は減少する傾向にあります。それで年齢を重ねることが要因であることは分かります。
では、何が理由で腰が痛くなるのでしょうか。それは、体の使い方だと言われております。体の使い方を長年間違ってしまうことで、そのダメージが蓄積され、やがて腰痛へと繋がってしまうのです。

 

 

一定の部位に負担がかかり、腰痛へ繋がる

年齢を重ねるごとに、腿の前側にある大腿四頭筋の働きが低下します。ここは、膝を伸ばすために必要な筋肉であり、体を直立するために働く部位なのです。もしここが弱くなってしまうと、左右の筋力に微妙に差異が生じてきてしまい、どちらかの膝をまっすぐに伸ばせなくなってしまいます。膝を伸ばせないということは、それだけ姿勢が曲がってきてしまうということになります。また、どちらかの足に負担がかかってしまうことで、左右の脚の長さが変わってくることがあります。
そういったことが積み重なって、やがて骨盤の歪みに繋がります。そして背骨が正しい動きをすることができなくなり、腰の痛みへと変わっていくのです。長い年月、こうした姿勢で過ごすことで、腰椎が変形し、慢性的な腰痛持ちになるのです。
ここから分かることは、加齢が直接的な原因となって腰痛になるというわけではないということです。正しくは、間違った体の使い方を長年続けてしまうことで、一定の部位に負担がかかってしまい、そこから腰痛へと繋がるということです。確かに、加齢に伴って、一部の筋力が衰え、間違った体の使い方になってしまう人もいます。しかし、正しい体の使い方ができていれば、高齢な方であっても、腰痛になることはないのです。逆に言えば、若い人であっても、体の使い方次第では、腰痛持ちになることもあるということです。

若年者の腰痛は何が原因か

近年は、年齢問わず腰痛に悩んでいる人がいらっしゃいます。それは、生活スタイルが変わったことなどが挙げられます。代表的なこととしては、デスクワークの増加です。今は、仕事にはパソコンはほぼ欠かせません。かつてより、デスクに向かって仕事をする時間が増えているのです。同じ姿勢でいるということは、それだけ腰に負担をかけ続けているということです。筋肉が硬くなったり、血行が悪くなることで、腰の痛みに繋がってしまうことがあるのです。
また、女性の中で多いのが、ハイヒールなどの靴をはくことで、腰痛になってしまうことです。ハイヒールは、本来の姿勢を崩すことになるので、骨盤が歪みやすくなります。そして若い人は、年齢を過信して、腰が痛んでもあまり真剣に受け止めません。痛みを放置して、結果的に慢性的な腰痛になってしまうことがあるのです。

腰痛と加齢は、直接的に関係がありません。意識しなければならないのは、体の使い方です。正しい姿勢を保ち、できるだけ腰に負担がかからない状態にする必要があります。そして、違和感を感じ始めた時には、早めに対処することも重要なこととなります。

日常生活の姿勢や座り方、これらの問題が引き起こす原因の大半であったりするので、歳のせいだと思ってあきらめていたり、痛みを我慢して生活している方はまずは普段の生活面から見直してみましょう。

一覧ページへ

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る