仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

院長ブログ

階段の上り下りでずっと膝の痛みに悩んでいる腰痛持ちの患者さん

仙台市泉区市名坂、富谷市のヘルニア腰痛・膝の痛み専門のゆたかな森治療院です。

今回は、当院にいらしている患者さんのある一例をご紹介したいと思います。

膝の痛みは膝が原因とは限らない

 

膝の痛みを抱えている方で当院を受診される患者さんのほとんどは膝に注射をうっていたり

 

膝の腫れに対して電気治療やマッサージ、ストレッチなどを受けていた方が大半でしたが

 

結果とするとあまり良い結果を得られなかったようで、注射をうってもらって家に帰る頃には

 

痛みが出ている、電気治療をうけて軽くなった気がしたが会計の時には痛みが出てきて

 

帰り道がつらいなど、患部の痛みや腫れに対して施術を受けた方たちはその痛みの繰り返しで

 

諦めてしまっているようでした。

 

当院を受診された患者さんにはまず問診で詳しく何をどうしたら○○になるとういような体の状態をお聞きし

 

その後に痛みの原因となっていること、痛みを作り出してしまう体の使い方や

 

過ごし方をお話しさせてもらいます。

 

 

膝の腫れや痛みに対してだけ目を向けていると温める、冷やす、固定する、電気かけるなど

 

その患部に対してのアプローチばかりで火元(原因)が疎かになっていると痛みを起こす

 

サイクルが断ち切れずいつまでたっても施術する→楽になる→痛みが出ると

 

いつまでたっても痛みが、腫れがひいてくることがありません。

 

しっかりと痛みの原因に対してアプローチできていると痛みのサイクルが起きずに痛みが

 

出なくなる、腫れが引いてくる、膝が曲げられる、歩きやすくなるなどの

 

好循環になってきて今までの悩みが無くなってくれます。

 

それでは痛みの原因って何になるのか?

 

膝の痛みを起こす原因の要素として体の重心がどうなっているのかが重要です。

 

日常生活で足を組んだり、浅く椅子に座る動作だったり、横座り、その他

 

体の左右、前後の歪み(傾き)を作って生活していると、膝にかかる負担も

 

断然変わってきます。

 

左右の歪みはどちらかに荷重がかかりやすくなるからという事でなんとなく

 

想像が出来ると思いますが、前後の歪みとなるとよくわからないかもしてませんので

 

説明していきますね。

 

体が猫背のような状態に歪みが起きると重心は後ろよりになり

 

脚は若干開き、がに股の様な状態になります。

 

直立時に重心が後ろ気味になると他の部分でバランスを取ろうとし

 

首が前に出たり、背中を曲げたり、膝を軽く曲げたりして

 

立っている状態を維持しようとするために体の各部位がいつも以上に

 

負担がかかり痛みを起こしてきます。

 

「膝の痛みが出てる原因は膝の上の腿の筋肉が原因だよ」といわれて

 

腿、膝にだけマッサージ、電気ですと先ほど言った

 

「何で腿の筋肉が緊張するのか」がおろそかになってしまうと

 

ただただ腿の筋肉にアプローチするだけになってしまい膝の痛みが

 

変わらないという結果につながってしまいます。

 

今回はまず、ひとつめに体の重心のかかり方で膝に負担がかかるという

 

お話をさせてもらいました。

 

膝の話のふたつめは、重心が後傾させてしまう要因について

 

お話ししたいと思います。

 

膝の痛みで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

一覧ページへ

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る