仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

院長ブログ

なぜ腰の痛みは寒い時期にひどくなりやすいのか?

仙台市泉区市名坂・富谷市の腰痛・ヘルニア、膝の痛み専門の治療院 ゆたかな森治療院です。

今回は、この寒い冬の時期に身体を痛めやすい方へ

是非知っていていただきたいことをお話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

仙台市内も久しぶりにしっかりと雪が積もりましたね。

皆さん夜のうちに、もしくは朝早くから雪かきをされたのではないでしょうか。

雪かきの作業中や凍結した道路を歩くと

腰や膝に負担をかけやすいので

ちょっとした動作にも注意して行いましょう!

 

寒い時は筋肉が固まった状態が続く

なぜ寒い時期は腰を痛めやすいのか??

まず気温が下がってきて寒さを感じ始めると

体温を下げないために、身体が冷え切らない様に自分の身体の中で発熱します。

簡単にいえば自家発電(発熱)をするんです。

寒い時に一瞬ブルブルっと震えた経験は誰にでもありますよね。

この震えが発熱を行う瞬間です。

 

そしてこの発熱を行っているのが筋肉になります。

 

筋肉が小刻みに収縮することにより

ブルブルっと震えて一時的にでも体温を上昇させようという生理現象です。

この反応が起きるときに、知らず知らず筋肉を使われているんです。

 

そうやって知らずに筋肉を使っているだけでなく、

寒いときに腕を組み、背中を丸め、肩をすくめる姿勢をとったりしませんか??

 

 

こういった姿勢だけでなく、寒さに耐えようとしている時は

自然と筋肉に力を入れてしまっているんです。

 

この時の力の入れ具合、筋肉の緊張はかなり硬くしてしまっているんです。

 

それだけ寒い時期は、知らないうちに筋肉を沢山使って

ガチガチに緊張させてしまっているんです。

 

 

腰に負担がかかる姿勢が多い

腰だけでなく体中の筋肉が硬くなってしまい

疲労してしまっている状態の腰で

タイヤ交換やお掃除など、さらに腰に負担がかかったら

腰も痛めやすいですよね。

 

年末年始から続く掃除、買い物となると、

荷物を持ち上げる動作がけっこう沢山あるんです。

 

そこで体に負担や疲労がかかっていても、休みで少しゆっくり出来ていて

あまり症状が表面化せず、体にかかっている負担に気づかないでいると

休み明け、動かしていなかった身体を、仕事始めで動かした時に

突然強い痛みを感じる、なんてことも多いんです。

 

 

 

「荷物を持った瞬間に腰を痛めた」

「ちょっと身体を捻った時に腰から足に電気がはしった」

痛みを感じる瞬間はそれぞれですが、痛みを感じた瞬間が原因ではないんです。

もともとは毎日の当たり前にしている行動が、痛みの原因であることの方が多いです。

 

原因となりやすい行動はこちらの記事にもあげています。

 

 

そんな当たり前の日常生活からの負担だけでなく、

この寒い時季は身体を痛めやすかったり、

寒さと冷えで痛みや痺れを作り出しやすくなります。

 

何か小さなことでも身体に不安がある方はいつでも当院にご相談ください!!

 

もし質問や相談などありましたらお気軽にお問い合わせください。

仙台市泉区市名坂字山岸51−5

腰痛・ヘルニア、膝の痛み専門治療院

体のお悩みは ゆたかな森治療院へ

☎︎022−342−9755

【前の記事】 

【次の記事】 

一覧ページへ

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る