仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

椎間板ヘルニア

整形外科で「ヘルニア」と言われて通い続け
整骨院・整体に行っても
少しもよくならず、
手術するか悩んでるあなたへ

ヘルニア

安静にしていたり、注射を打ったり薬を飲んでも症状が改善しない方

こんな悩みはお持ちでないでしょうか?

椎間板ヘルニアが治らない理由ってご存知ですか?

雑誌やTVなどのメディアで言われているような方法やリハビリに施術、薬・民間療法などで多少は痛みが変化する事が出来ても、中々良くなっていかないのか?ということをお話ししたいと思います。

一般的に行われている治療は現在起きている症状をどうにかしようとするアプローチで主な手段としては、

  • 状態が初期または軽いものはストレッチやマッサージ、牽引など
  • 状態が進行して強い痛みを出し生活に支障をきたす時は痛み止めやブロック注射
  • さらに状態が悪化し、まともな生活を送れないような時は手術をして切除する

このような処置が行われているのが多く、実際来院された患者さんたちもこのように痛みに対して対応してきた方が多いです。
患者さんやヘルニアと診断された方の中には、治すために手術を受けたのにしばらくして、同じ痛みが出てきて病院に行ったら、もう一度手術を受けることになったという話も聞きます。
そうなると最初やった手術はなんだったの?となってしまいますよね。
「治っていない=原因が問題にアプローチできていない」から同じことを繰り返してしまうと考えることができます。

病院を受診してレントゲンやMRIを撮って
「骨と骨の隙間がせまくなっている。」
「レントゲンを見るとこの部分が飛び出してしまっています、これがヘルニアの部分です。」
と診断された方、このような状況になった原因は元は何が影響しているか理由を聞きましたか?もしくは説明されましたか?
「説明を受けていない」実際説明を受けている患者さんがいないのが現状なんです。

年齢を理由にされたりすることも少なくありません。
実際、年齢のせいであれば世の中のおじいさん、おばあさんはみんな腰が痛くてヘルニアということになってしまいますが、そんなことはなく、お年を召していても元気にフルマラソンを走れたり山に登ったり出来る人達がたくさんいらっしゃいます。
そうなると年齢は理由になりませんよね?
では理由はなんなのでしょうか?
特に何もしてないんだけど、、、と言われて来られる患者さんもいますが、何もしてなくて痛くなったり痺れたりすることは絶対にありません。
患者さんの普段過ごしている日常の中に必ず原因が隠されています。

周りの人達を見回して欲しいのですが皆さんそれぞれ体が痛い人は痛むところや痛み方、強さなどみんなバラバラですよね。
答えを言いますと今、起きてしまっている痛み、症状はその人一人一人生きてきた人生の中に原因があるのです。
みんな一人一人仕事や、趣味、普段食べるもの、考えることなど、、、、あげればきりがありませんが生活スタイルが違います。
その中で体の方に負担やストレスをかけ続けていった結果、腰の痛みやヘルニアの「症状」が起きてしまったのです。
あくまで痛みや痺れなどは〇〇していた結果起きた症状なのでその症状だけをとったとしても、その原因がわかっていないまま治療をしてもまた繰り返してしまうのは当然のことですよね。
ですのでその原因を深く突き止めていくことが大事だと考えています。

当院の治療

当院の治療は構造(歪み)・栄養(食べ物)・心(考え方、思考)この三つの柱に注目してまず患者さんの悩みの症状がなんで起きているか何が問題になって症状を引き起こしているかを問診をして患者さんのお悩み、生活上での負担や問題になっているポイントなどを聞きながら検査をし原因を調べていきます。

原因は患者さん一人一人違いますが、ポイントになってくるのは普段の仕事や生活での構造の問題(姿勢)が一つ挙げられます。
姿勢ってそんなことで?と思われる方もいらっしゃると思いますが実際体の調子を悪くされている方の生活上の過ごし方はかなり悪い方が多いです。

『足を組む』というのはよく耳にすると思いますが姿勢の問題で言ったら横座り、女の子座り、片方の足だけ立てて座ったり、財布をポケットに入れながら座ったりと座る行為だけでもまだまだあるのです。
それが立ってる時、寝ている時でも負担がかかる姿勢がありますし、履物や持ち歩くものでも姿勢やバランスは変わってくるのです。
その姿勢は家でも仕事場でも学校でも色々な場面で変わってきますし気付かずやっってしまっていることが多いです。

次にあげるのは食べ物です。

人間の体は食べているものから栄養を吸収して体を動かすエネルギーにしています。
車でいえばガソリンみたいなものです。
現代の食生活ではファーストフードやジャンクフードなど高カロリー、高脂肪で添加物、着色料など、栄養価が乏しい食べ物が増えています。ファミリーレストラン、ラーメン屋さんなどの食事も脂肪分が多く含まれていて栄養価が決して高いとはいえません。
このような食事を毎日摂取していたらどうなるでしょう?

ヘルニア

内臓に負担をかけ、吸収が悪くなり、いい栄養も効率よく吸収できなくなって、そのため体を治すために使われるエネルギーが不足し、治りづらい、疲れやすい体になっていってしますのです。
内臓の働きはとても重要です。
内臓にストレスがかかって腰や他の部分に症状を出してしまうこともあります。
車だって質の悪いガソリンを入れて走ったら壊れますよね?
人間の体、自分の体は大丈夫だと思っていますか?
今は大丈夫な人もそのまま続けていけば必ず破綻し、体調を崩してしまいます。

体を治していく上で『栄養』はとても重要になってきますので食べるもの、食べる時間、量など患者さんの現状をお聞きし、アドバイスをさせていただきます。

最後は心(考え方、思考)が体に及ぼす影響をお話しします。

人間は恐怖や不安、怒りなどマイナスな感情が起きると体の筋肉は緊張します。
それは一種の体の防御反応の一つであるのですが、良いこともあるかもしれませんが、長い目で見ると良いとはいえません。
人間は緊張状態が長く続くとその状態が当たり前になってしまうため、逆に今度は動き出そうとすると痛みや、恐怖の記憶の影響で体が緊張し動きが悪くなったり、痛みを起こすことによって防御しようとします。
脳は現実と思考上との区別ができず過去の痛みの記憶や痛みの恐怖心から回避行動をとるため体の動きが著しく悪くなる、もう治らないとか、この症状は治りにくいなどの固定概念など様々な心的ストレスや思考が現在の症状を長引かせている原因になっていることも十分考えられます。

現代社会では様々なストレスがありそのストレスを抱えながら過ごしています。
なかなか仕事が休めない、、、
終わるのがいつも遅い、、、
自宅に帰っても携帯電話が普及している現在はメールや電話が時間が関係なくなり続ける、、こんな状態で心が休まるとは思えません。
自分の大切な一つしかない体、その状況に長時間・長期間晒されるとどうなるかはなんとなく想像できるのではないでしょうか?

そういった心、心的ストレスなどは本人の解釈だったり、捉え方、許し、感謝、愛などの気づきなどで変えていくことは十分可能です。
またフラワーエッセンスや体のチャクラといった気の流れを整えることで解決、改善していくことの手助けもできます。
「チャクラ」とはサンスクリット語で「車輪」を表す言葉で、人間の生命や肉体、精神のはたらきをコントロールする、非常に重要なエネルギー(中国では「気」、古代インドでは「プラーナ」)の出入り口のことを言います。

このように健康に影響を及ぼす様々な因子(構造・栄養・心)が積み重なり現在の症状を引き起こしているのでその症状に対して生活指導やアドバイスをし原因の元に対処していくことで現在の症状の改善を促進させていきます。
人間の体はとても素晴らしい機能がたくさん詰まっています。

その機能を普段の生活で構造から栄養から心と自分で破綻させてしまっていることで自分本来に備わっている機能が使えなくなっていたり、うまく機能しなくなっている状態を治療し、生活の改善をして自分本来の体の細胞や内臓、筋肉の機能や元気を取り戻しましょう。

まずその一歩を踏み出し、健康に幸せになってもらえるように私がお手伝いします。

所在地:〒981-3117宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5ブラウニー市名坂102

電話番号:022-342-9755

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る