仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

五十肩・四十肩

安静、注射、湿布をしても
整骨院・整体に行っても
良くならないあなたへ

肩こり

こんなお悩みありませんか?

そのお悩み、
当院にお任せください!!

なぜ?ゆたかな森治療院では
こんなにも四十肩・五十肩が
改善されるのか?

四十肩・五十肩が治らないワケ

肩が痛い

なぜ、あなたの五十肩・四十肩といった肩の痛みや動かないお悩みが改善しないのでしょうか?
それにはそれぞれの痛みを引き起こしている原因に対して、適切な対応ではないからかもしれません。
四十肩・五十肩を起こす原因は一つではないのでそれぞれ痛みが起きている経緯をしっかりみていく必要があります。
これから記載する項目に当てはまるか、思い当たるかどうかを今すぐ確認してみてください。

湿布や飲み薬や、塗り薬で解決しないワケ

肩こり

最初に、湿布には冷湿布・温湿布・消炎鎮痛剤入湿布の3つのものがあります。
湿布でなかなか良くならない理由は、温めることで主な痛みの症状が緩和するという情報が多いのが理由に上がると思います。
五十肩の場合本質的な問題は、肩に原因があるのではなく違う箇所に問題があってその結果、肩の痛みが出現するという症状を引き起こしている可能性もあるのです。
そもそも炎症を起こす原因が違う中、湿布で効果を出そうとしても、一次的に湿布特有の爽快感を得られたり、消炎剤による一時的な症状の軽減のみでまたすぐに戻ってしまい、結果湿布でなかなか良くならないのも、痛みの原因が純粋な肩の問題ではないのかもしれません。

電気治療とマッサージだけでは良くならないワケ

電気治療とは、皮膚を通して主に表層(表面)の筋肉や筋膜といった組織に対して通電するものです。
多くの電気治療機の場合、電気治療機の影響は皮膚・良くて一部の表面の筋肉までしか届きません。
そして、マッサージにおいても電気治療と同様のことが言えます。
マッサージも表面中心の影響、あるいは上手な施術者が行うマッサージによって、深部までマッサージ効果を与えることができますが、五十肩の原因は、筋肉・筋膜・皮膚の問題が解決したとしても、肩の関節・その関節に影響を与えている要因を取らねば、関節自体の問題解決に繋がらないと言えます。それ故に、あなたがこれまで行ったきた方法がうまく行かないのかもしれません。

ストレッチをしても良くなっていかないワケ

ストレッチは新しい方法が考えられ、現在テレビやネット雑誌、健康雑誌などで様々な種類のストレッチが増えてきました。
しかしながら、それらは見せ方がとても上手なため新しい方法に見えますが、注意深くよくみていくと、それらのストレッチはいくつかのシンプルな種類に分けられることに気がつきます。
ストレッチによってその効果を得ようとするなら、その目的ごとの種類を把握する必要があります。なぜなら、ストレッチごとの目的をはっきりさせないと狙った効果が発揮できないばかりか、悪化させてしまう原因にもなりかねません。

ストレッチには大きく3つの方法があります。

静止して行う「静的ストレッチ」という方法
動かしながら行う「動的ストレッチ」という方法

身体の固有受容器というものに刺激を与える「PNF固有受容性神経筋促通法」という方法など、大きく分けるとこれらのストレッチが挙げられます。
それぞれの特徴を挙げていくと、静的ストレッチは一般的な皆さんご存知のストレッチ方法で自分で各体の筋肉を伸ばしたり、相手とペアになってもらう方法ですが、体が止まっている際に筋肉を伸ばしたり、相手に急激に伸ばされたりすると筋肉がそれ以上切れないように反射というメカニズムという仕組みを使って防御反応を起こします。
これが原因となり筋肉を柔らかくするつもりが筋繊維を切ってしまったり、かえって硬くしてしまうようなことにつながる可能性があるのです。

動かしながら行う動的ストレッチについてですが、ブラジル体操と呼ばれサッカーではメジャーで例えば日本代表の試合前に軽くジョギングをしながら腕を回したり、脚を上げながら走ったりするのを観たことがあるかもしれません。
このように日本でもこのようなストレッチは盛んに取り入れられるようになっています。
このストレッチ法は、基本的には関節や筋肉に問題がない前提で行われることが基本ですので、すでに関節にトラブルがある時点でそのストレッチは中止されるべきものです。ですので、治療としてこれを行うことは向いていません。

最後のPNFという方法についてですが、これは固有受容器という原始的な感覚器を利用して関節の可動域を出し、力を発揮しようとするものですが、これは筋肉の微細な断裂や、関節内の正常な仕組みと構造が破綻している場合においては、まずそちらから改善することで本来の固有受容器の働きが効果的になったりするのでむしろ、関節内のトラブルや、筋肉のトラブルを起こしている場合においては、せっかく行うこの方法が本質的な改善に必要な関節や筋肉といった組織の回復につながりにくいと言えるのです。
これらのことをまとめると各ストレッチを行う順番や意味が一つでもズレてしまえば、改善しない可能性が高いため、あなたがいくらこれらのストレッチを続けていっても良くなっていかないのかもしれません。

整形外科や病院、整体院、整骨院で治療を受けたが良くならないワケ

整形外科や病院、整体院や整骨院は、肩の痛い患者さんが来たら肩を診る。
腰の痛い患者さんが来たら腰を診るという痛みを起こしている箇所を診て治療や施術を行なっている。
または来院された患者さんに治療歴をお聞きするとそのような答えが返ってきます。しかし、実際には患者さんには、今現在暮らしている生活環境・クセ・仕事・スポーツ・運動強度・食生活、考え方など、一人一人違うものを持っています。
しかし、人それぞれ行なっている行為や生活の中で五十肩や四十肩の症状を作ってしまう原因が起きるため、痛いところこれだけやれば改善する!というものには当てはまらないことが出てきて、この人は改善したが、この人は改善しない…こういったことが当たり前のように起こります。
そういったことの無いようにするためには、一人一人の患者さんのこれまでの生活環境や仕事の姿勢、食生活などありとあらゆる背景をしっかり把握した上で、原因を見つけ出し、その人に合わせた「個別対応」していくことは、とても重要になります。
カウンセリングや個別対応がないままで各機関で治療や施術を受けたとしてもそのような理由から、痛みを取りつつ、悪くなってしまった原因をも取り除くことができなかっただけかもしれません。

多くのお客様から信頼の証である
喜びの声をいただいております!

仙台のプロサッカー選手
多数来院しています!

毎日のように鎮痛剤を飲んでいたのが・・・

毎日のように鎮痛剤を飲んでいたのが・・・

症状: 頭痛・肩こり・腰痛

頭痛が続き、毎日のように鎮痛剤を飲んでいたのが、当院で治療後、服用する機会がほとんどなくなりました。子連れOKも魅力的です。
(40歳女性 大久美子様)

※施術効果には個人差があります

1回の治療でびっくりする位、体が楽になります!

1回の治療でびっくりする位、体が楽になります!

症状: 首の痛み

いつも大変お世話になっております。ひどい肩こりに悩まされていますが、ちいさな森整骨院さんに通うようになって一回の治療でびっくりする位、体が楽になります!本来の自分の体ってこうなんだなぁって実感します!また、生活習慣を見直すアドバイスもして頂けるので大変助かっております。これからもどうぞ宜しくお願い致します。また来ます!
(49歳女性 三島直美様)

※施術効果には個人差があります

お試しキャンペーン

↓

ご予約はこちら0223429755

診療時間

所在地:〒981-3117宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5ブラウニー市名坂102

電話番号:022-342-9755

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る