仙台市のヘルニア・座骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症の根本改善ゆたかな森治療院(旧ちいさな森整骨院)

坐骨神経痛

安静、注射、湿布、
ストレッチをしても
整骨院・整体に行っても
良くならないあなたへ

坐骨神経痛

こんなお悩みありませんか?

そのお悩み、
当院にお任せください!!

なぜ?
ゆたかな森治療院では
こんなにも坐骨神経痛が
改善されるのか?

坐骨神経痛が治らない理由

もし、他の病院や整骨院、マッサージなどに行っても、坐骨神経痛が良くならないのであればこれらの治療方法を行っていないかチェックしてみてください。
もし行っているのであれば、今すぐやめましょう。良かれと思っている治療が、逆に体の治癒力を妨げて体を痛めてしまったり治りずらくしてしまいます。

これらの治療法や対処法は坐骨神経痛の治りを妨げている可能性があります。

  • コルセットによる固定
  • 病院や接骨院でおこなう電気治療
  • 牽引治療
  • マッサージ、指圧
  • 湿布、痛み止めの薬
  • 手術
  • ストレッチ・ヨガ

これらの治療は果たして
本当に有効なのでしょうか。

コルセットで固定

痛みがあるときには、『コルセットで固定』 この考えが多くの先生の頭の中にあります。理由は、骨折や脱臼・ねん挫などは安静にして治すという考え方があるからです。
動きの中心である腰が固定されてしまうと不自然な動きを強いられることになります。
そもそも、腰痛のガイドラインでも載っているのですが、腰は固定させてはいけません。
よく痛みを繰り返して起こしてしまう方でコルセットを手放せない方がいらっしゃいます。
コルセットは継続使用することで筋力の低下を招き、腹腔内圧力を高めてしまったり、原因の一つである炎症を温めることで取れる痛みも取れなくなってしまいます。

接骨院や病院でおこなう電気治療

電気治療の目的は、あくまで表面的かつ、一時的な痛みをとることです。
電気治療では深部の筋肉まで刺激が届かなく、基本的にこれらの目的は痛みの緩和・除痛です。
どこを狙って電気を流すのかというと、おもに筋肉・痛覚を感じる神経に対して行われます。これでは痛みの改善になりません。
痛みの原因を調べていくと、関節や骨盤、内臓、脳の動作制御など様々な原因が考えられます。
原因にアプローチせずに痛んだ箇所に電気をあてても、これでは一時的に良くなってもまたぶり返してしまいます。

牽引治療

牽引治療が有効なのは特殊事例だと言われています。
牽引治療のはじまりは、『炭鉱夫』と呼ばれる職業において頭や頸椎、背骨などに負担や衝撃が加わり陥没した際に使われていた治療法です。
現在では、落盤・落石事故はほとんど発生するものではありませんし、違う方法で治療がおこなわれています。
一般的に行われている牽引治療は、一時的に関節の間が広げられ圧迫されていたものが一時的に広がったため楽になった感覚を得られるものと思います。
ですので、受けられた方は帰宅した際には戻ってしまっているというケースが多く耳にします。
それだけではなく、最新の研究によると、牽引による力のかかり方が関節の動きを悪くすることがわかっています。
陥没骨折をしていないのなら、いますぐ牽引治療はやめてください。

マッサージ、指圧

体の不調の原因は筋肉だけにあるわけではなく、構造(歪み)・栄養・心の状態が深くかかわっております。
ただむやみに筋肉がほぐれるまで筋肉ばかりにアプローチしていくだけではなく、まずどこに原因があるのかを探ってご自身にも理解して頂いた上で、まず、原因を見極め、それに合わせた必要な施術をしていくことが大事といえます。
いつまでもマッサージをして少し軽くなり、また痛くなるからマッサージ……という負のスパイラルにはまってしまうのではなく、痛みが起きるサイクルを断ち切り健康を取り戻しましょう。

湿布、痛み止めの薬

現在、シップには大きく
○冷感湿布
○温感湿布
○消炎鎮痛剤テープ
というタイプがあります。
それぞれ冷温どちらもある理由は、痛みがあるときには初期症状には冷やして、炎症が消えてくる炎症期を過ぎた頃には温めるのがよいと言われています。
それゆえに冷温両方用意があるのです。

なかなか良くならない痛みの場合、痛みの発生している患部に原因があるとは限らないのです。
痛みを改善するためにはもちろん、まずは炎症を取り除くことですが、その次に炎症が出てしまった原因をとらねば、体のちょっとした使い方で症状を何度でも呼び起こす可能性が大いにあります。
これがクセになっている状態といえます。それだけに、シップではまた痛みがぶり返してしまいます。

手術

外科的処置や手術は『最後の手段』と思われている方は少なくないのではないでしょうか?
手術にも様々なものがありますが、腰に手術痕がある方が再び腰を痛くして来院されているケースをみかけますが、これはなぜなのでしょう?
手術には
●原発性対応原因除去手術
明らかに、原因が手術領域に由来し、それを取り除くことで原因と対応が同時に行えるもの。

●非原発性対応選択的手術
複合的な要因を取り除かず、その手術を行わなければ治らないからといった消去法的に行うもの

骨折、脱臼など、原因が明らかな手術は前者に当たりますが、それ以外の多くの手術は、後者の手術で、その症状が出た理由ではなく、それ以上痛みや症状による苦痛を広げないために、ひとまず病巣を取り除こうという消極的な理由から行います。
例えば変形性関節の手術や、1年以上続く症状や痛み対するものへの手術がこれにあたります。
この場合、どうしてそうなってしまったのか?
という原因を突き詰めるように追わずに、痛みにつながる部分だけを手術してしまうために、数年たった後の同じ部分や周辺の領域、あるいは違う部位に症状が移動してしまうのです。
そのため、先程述べたような手術痕がある患者さんが同じところを痛いと訴えて来院されるという事につながってしまうのです。
一番大事なのは、坐骨神経痛の本当の原因にアプローチできるかどうかです。

ストレッチ

ストレッチとは『伸ばす』という意味です。
筋肉は伸ばしすぎるとプツンと断裂してしまう恐れがあります。
しかし身体の場合はそういった事故を未然に防ぐための仕組みを持っていて、あらかじめどこかが壊れそうになると、動きに痛みとしてブレーキをかけさせるか、伸ばされたあとに反射としてさっき伸ばされた時よりも、縮めて切れないようにと防御反応を示すのです。
これを繰り返し行った場合、筋肉や関節は柔らかくなるばかりか、かえって硬くなってしまうことさえあります。
それだけではありません。
痛い関節や周辺の場所をストレッチをした場合、関節や筋を壊すまいと、身体が起こした防御反応を破ってしまい、関節を壊してしまうおそれさえあります。
痛みのある状態は筋肉や関節を硬くしてしまい、症状を悪化する恐れがあります。

そもそも坐骨神経痛とは
坐骨神経痛の症状の現れかたが
人によって様々です。

生活の中での坐骨神経痛の症状

  • お尻から足にかけて、ズキンと激しく痛んだことがある
  • 腰部に鈍い痛みが長時間続いたことがある
  • 前かがみで重いものを持ち上げた際に、お尻に痛みを感じることがある
  • 寝ている時腰が痛くなり横向きなど、一定の姿勢を取ってしまう
  • 朝起きたときが一番腰が痛くなる
  • 1日の終わりが近づくと徐々に足の痛みが増していく
  • 足が痛くて、足を引きずるようにしないと歩けない。よく見ると、痛みのある側の足は接地の際、内側を向いている
  • 痛む方の足の血流が悪く、ひどく冷えてる

上記のような症状が坐骨神経痛の特徴的なものです。

また、坐骨神経痛とは医師が診断する症状名のことではなく、状態を表す言葉です。
頭痛や腹痛が病気の名前ではないようにあくまでその様子を示したものです。

医師資格の無い整骨院・整体などで「坐骨神経痛」だと言われました。という方がいますが、お尻~足にかけて痛みやしびれを伴う症状を「坐骨神経痛」と言うので、それは原因とは言わず、痛みの場所を指し示してそう呼んだにすぎません。
また、診断を下すことのできるドクターがいる整形外科でレントゲン、MRIを撮って「坐骨神経痛」と言われる方もいらっしゃいますが、たいていの場合、それは確定診断が付けられずにとりあえず使う言葉あり、原因が分からなかったときに使う言葉です。
言うならば、あなたは「足に痛みとしびれがあります」と言われているようなものなのです。

坐骨神経痛=足のしびれ

一番重要なことは、坐骨神経痛を引き起こしている原因を取り除いていくことなのです。
それを解決しない限り、時間が経って症状が消えたとしても、根本的な改善にはならないでしょう。
根本的に解決していくためには、普段の生活から見直していき、各体の構造・栄養・心の問題にしっかりとアプローチしていく必要があります。

当院での改善法

同じ症状は一つもなく、これだけやっておけば大丈夫ということは、人の体においては多くはないのです。
それだけに当院が行っている改善方法の第一歩は、あなたの生活環境や病歴・スポーツ歴・仕事環境など、今の身体を作っている状況を確認、把握させて頂くことから始まります。
次に、本来あなたの持っている治そうとする力、自然治癒力を妨げている要因を取り除いていくことを一緒に考えていきます。
これは、ご自分で気がつきそうで動作の意味や体に与える影響を、体を動かしてもらいながら最適な体の使い方を一緒に考えていく必要があるため非常に重要な意味があります。
これらをすべて一度に覚えることや変えていくことはとても難しいです。
なぜなら、あなたが長年当たり前としてやってきたこと・考えてこと・取り組んできたこと・良かれと思って続けていたことで「あなたの人生そのもの」あるからです。
急に全部を変えるというのはとても難しいことだと思います。
しかし、あなたの体が良い方向に改善していくためには必要なことですので当院でも提案させて頂き、一緒に寄り添い考えていきます。
長年苦しんでいたあなたのその症状を一緒に改善し笑顔で楽しい生活を送れるよう一歩を踏み出してください。お力になります。

多くのお客様から信頼の証である
喜びの声をいただいております!

仙台のプロサッカー選手
多数来院しています!

ここに通うようになり、痛みが軽減してきました!

ここに通うようになり、痛みが軽減してきました!

症状: ヘルニア・腰痛

昔からヘルニアで腰の痛みがひどく、夜とか寝れない日が続いたり、仕事が出来なかったりしていましたが、先生のところに治療をしに来てから痛みがなくなり、夜もしっかり寝れたりととても良くなりました。とても感謝しています。
(26歳男性 R.S様)

※施術効果には個人差があります

数回の通院で痛みがほぼ消え、仕事をこなせるようになりました!

数回の通院で痛みがほぼ消え、仕事をこなせるようになりました!

症状: 肩こり・腰痛・首の痛み

交通事故と昔からの痛みが重く耐えられなくなり、近所の病院に行くようになり試しに3ヶ月ほど通いました。しかし全然良くならずたどり着いたのがゆたかな森治療院(ちいさな森整骨院)でした。数回の通院で痛みはほぼ消えてしまい、今では仕事もこなしています。感謝しています。本当にありがとうございました。
(47歳男性 Y.Y様)

※施術効果には個人差があります

病院よりも効果を感じることができました!

病院よりも効果を感じることができました!

症状: ももの痛み

病院へ行って注射を打ってもらったりしましたが良くならず、こちらに来院して本当の原因を探してもらい、その原因を治療してもらう事で、病院よりも効果を感じる事が出来ました。
(26歳女性 R.T様)

※施術効果には個人差があります

お試しキャンペーン

↓

ご予約はこちら0223429755

診療時間

所在地:〒981-3117宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5ブラウニー市名坂102

電話番号:022-342-9755

交通事故治療・むち打ち治療

院名
ゆたかな森治療院
住所
〒981-3117
宮城県仙台市泉区名坂字山岸51-5
ブラウニー市名坂102
TEL
022-342-9755
診療時間
9:00~13:00 / 15:00〜20:00
定休日
土曜午後・日・祝

院長ブログ

トリニティメソッド
ページのトップへ戻る